I had the same problem. I did:

sudo port deactivate -f subversion-perlbindings-5.12

which allows me to install the new version of the perl bindings.

Install the “Command Line Tools” first:

sudo xcode-select —install Then upgrade the ports:

sudo port -v selfupdate

  1. 返答する前にスケジュールをチェックする
  2. 情報は必ずしっかりともらう
  3. 自分の時間をお金に変える
  4. 罪のない嘘をつく
  5. 断りやすくなる方法を考える

さらにはベンチャーと言ってもほとんどのところが「ベンチャー」とは名ばかりの 普通の中小企業で,ビジネスモデルが弱い単なる大企業の下請け企業というのも 結構多い.またそうじゃなくても会社として無茶苦茶儲けてるところはほとんど なく,儲けているところでも技術者への分け前は率直に言って少ない.私の聞いた 範囲だとCTOレベルでも年収1200~1500万程度がMaxで,リスクを負った上で 最高のシナリオを描けたとしてもその程度がMaxなんだったら大企業でいいや とか思ったとしてもしょうがないだろう.

ランサーズ VS クラウドワークス 完全に拮抗してますね。これはいい勝負・・・

class GridCountsQuery class « self def run query.each_with_object(Hash.new) do |row, grid| grid[row[‘row’]] ||= {} grid[row[‘row’]][row[‘col’]] = row[‘c’] end end

private
  def query
    # COLUMN_NUMBER - custom pg function, returns colmun number based on ranges of days since customer joined us "created_at - time.now"
    # ROW_NUMBER - ustom pg function, returns row number based on ranges of orders_count on customer
    Customer.connection.select_all <<-SQL.squish
      SELECT GRID_COLUMN_NUMBER(recency) as col, 
             GRID_ROW_NUMBER(frequency) as row, 
             count(*) as c, min(customer_id) as id
      FROM customers GROUP BY row, col
    SQL

end end

18:30までに終える必要有りの作業。 office365に毎月のことながらログインできなくなる。 人間ながら、ロボット除けのぐにゃぐにゃアルファベットを読み取れず、再試行もままならない。 パスワード再発行も管理者手動作業待ち。

うへぇ。

なんで、ブラウザがパスワードを記憶できていなかったのだろう。

自分のところのサービスとしても、この辺の動線はなんとかしたいな。SMS認証も検討材料に加えようかな。

ーーーー とか書いたけど、実際には憎しみの感情とまではいかないけど、「オフィスのトイレに行くのに毎回、ロシアにいる担当者に電話かけろ。離席してるかもしれないけどな。」みたいなどうしようもない歯がゆさがある。

しかし、2010年以降、日本についての情報が増えるにつれ、

私が感じた「反日の哀れさ」、一体何のため?考えてみるとおかしくなってくる―中国ネットユーザー - ライブドアニュース

この2010年というのは何があった年なんだろう。

↓いろいろ盛りだくさんだった。

検索ワード「 2010 中国」 尖閣諸島の件 上海万博 アジアカップ ノーベル平和賞受賞 劉暁波 レアアース輸出削減 GDPの2位

とはいえ、問題もある。60歳以上の世帯が60%を越す一方で、子育て世帯が8%程度と居住者世代に偏りが出ているのである。そのため、マンション単体で子育て世帯向けのイベントなどが開きにくくなっているというが、今後は周囲の他物件と連携することで多世代が楽しく暮らせる街づくりを模索していく計画と聞いた。

もうひとつ、管理組合に関わる人に話を聞いていいなと思ったのは、ここ3年ほどで理事会が40代、50代中心に若返り、その人たちが楽しみながら活動をしているという様子。それぞれ社会の中堅として忙しく仕事をしながらも、会社、家庭と異なる、第三の場として管理組合に関与。そこに新しい人間関係を作って交流しているのである。

昨今、リタイア後のお父さんたちの居場所についての論議がある。地域に新しい活動の場を求めようにも、リタイアするまで関わりのなかった場所に突然人間関係を生み出すのは至難の業。しかし、管理組合活動を通じて地域と関わっていれば、リタイア後にやることがないと、無為徒食の日々を送って家族に邪慳にされることはなかろう。その意味では、管理組合に関わることは、住まいの資産価値向上につながるのみならず、お父さんたちの人生の質の向上にもつながるのかもしれない。

1 2 3 4 5